アウティングルート紹介③ 秋葉原
Let us introduce outing courses #3: 秋葉原 (English below)

半径500mほどのこの街に何故人は集まるのか。

かつてはラジオから始まり、家電の浸透と共に電気街となり、Windowsの普及と共にコンピュータ・・と、時代とテクノロジーと共にこの街は、街並みと提供するモノを変えていった。

今は・・というと、徐々にオフィス街化をしており、旅行客からのインバウンド収入の一方で、ネット化についていけなくて疲弊している電気街。

しかしイメージとしては、依然サブカルとオタクの街ではないか。

アニメ、漫画、メイド、アイドル・・・
彼らは自分たちの愛する/信じるコンテンツや体験を求めてこの街に訪れ、全力でお金と時間をかける。
まるで巡礼のようだと僕は思ってしまう時がある。

(実際に巡礼ツアーと銘打ったコンテンツツアーの名所にさえ組みこまれていたりするらしい)

このツアーではそんな、人を何故か惹き寄せる街、「秋葉原」を中心にした散策をします!

きっと色々な意味で面白いものを見てまわれるツアーかと思います。

何が人々を惹きつけるのか。
またこの街で生きる様々な事情を抱えた人々というギャップや痛みも知る事ができたら。と思います。

Why do people gather here in a space of just within 500m radius?

It started from radio, after the spread of electricity it became a city of electronics, and after the spread of Windows PC it became a city of computers. With the changing times and the development of technology, this city has changed its appearance and what it offers.

Now this city is turning into an office district. With inbound revenue from tourism on the one hand, yet on the other hand is the city of electronics which is struggling due to its slow adaption to the new internet age. Yet, we still have a strong image of this city being the center of subculture and Otaku.

Anime, manga, maid, idol…

They come to this city seeking for the contents they love and believe, as if they are on a pilgrimage.

This tour will be centered around Akihabara. There, you will see many interesting things in many ways. What are people attracted to? And we will also discover the “gap” of different pain and complex situations people in Akihabara face.

カテゴリー: Outing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です