English Below

和解の旅路を歩む新しい「我ら」
プログラム委員 岡谷和作

「和解とは点ではなく線である。」「和解とは一回の出来事ではなく共に歩む旅路である。」(クリス・ライス)今回のEAGCで取り扱う和解とは、聖書的和解のビジョンです。クリスチャンの和解とこの世の和解との違い、それはゴールが既に提示されているという点です。それは黙示録7章9-10節にあるように、全ての国民、部族、民族が共に集い共に主を礼拝する姿です。私達クリスチャンには「私」と「あなた」という横の軸の上に更に「神様と私達」という新しい縦軸が存在しています。

共に罪人であり、共に主によって許され神の民とされたという共有のアイデンティティはどんな国家的・民族的アイデンティティをも超える神の国のアイデンティティです。EAGCは東アジアの兄弟姉妹が共に集まり、贖われた新しいWe(我ら)と言う共通の土台を見つめまるところから出発します。(1日目)共に罪の結果を知り(2日目)共に嘆き(3日目)共に和解への希望を探す旅路に出かけます(4日目)そして新しくされた「我ら」として、それぞれの遣わされた職場や国々へ帰っていく。そんなキャンプになることを準備委員は願っています。

Walking the journey of reconciliation with the new “WE”
Kaz Okaya program committee

“Reconciliation is not a point but a line” “Reconciliation is not a one time event but a joruney together” (Chris Rice) The reconciliation we seek to discover in this EAGC is a Biblical vision of reconciliation. A big difference between a Christian reconciliation and worldly reconciliation is that we have a goal already set in front of us. It is a vision of multitudes from all nations and ethnicity worshipping the Lord together. (Rev. 7:9-10)We Christians have a new verticle axis of “God and Us” on top of our own “Us and them” paradigm. Our common identity as a sinner, our common identity as someone forgiven by grace, and our common identity as people of God surpasses all worldly identity as an identity of the kingdom of God.

EAGC starts by recognizing this common identity as the new “we” (day1)We then learn the result of the fall (day2), lament together the brokeness (day3), and seek for the hope of reconciliation together (day 4)We hope that this conference will be a one where we can go back together on the last day, with the firm identity of the new “we” to each places that God sent us.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です